嵐大好き~特に大宮さんを贔屓にしています。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年09月30日 (木) | 編集 |
先日、読売新聞の夕刊に「世にも奇妙な物語20周年」の記事がありました。

写真で紹介されていたのは、大野くん主演の「はじめの一歩」

今回の「世にも奇妙な物語」は20周年を記念し、すべて人気作家の原作です。

5話のうち4話は、京極夏彦作・江口洋介主演の「厭な扉」
宮部みゆき作・広末涼子主演の「燔祭」
東野圭吾作・玉木宏主演の「殺意取扱説明書」
朱川湊人作・掘北真希主演の「栞の恋」
そして、万城目が手がける「はじめの一歩」だけが、番組のための書き下ろしだ。

「明らかに不利ですよね。
 ほかの人は、面白い作品を選んでいるわけだから」
と万城目は苦笑する。
万城目は放送開始当時から番組のファンだったという。


原作小説の「はじめの一歩」は、発売中の雑誌「ヨムヨム」に掲載されている。
と書いてあったので探しました。

ヨムヨム

パンダちゃんで、可愛い表紙です。

「ほかの話と見比べるのは怖いですが、自分が好きだったドラマシリーズに書く
 といううれしさは何より勝ります。
 案内役のタモリさんの収録が見学できるのもうれしい」
と万城目氏。


「はじめの一歩」読みました
ストーリーは、ネタバレしないのでご安心を。

万城目さん、とある1シーンにエキストラとして参加されたそうです。

主演肇役の大野智さん、みさき役の田中麗奈さん、神役の伊藤四郎さん、
遠藤憲一さんの演技を間近で見られたことは文句なしに楽しかった。
書いてよかった、としみじみ感じた。

どうかみなさまには、本作を読んだのち、脚本の金子茂樹氏による見事な
原作の料理の仕方を堪能し、筆者の小演技を笑い、ひと粒で二度お得とばかりに、
ドラマのほうも楽しんでいただけたら、これ幸いであります。


大野くん主演なので、とっても楽しみです。
原作を読んだ後の楽しみは、どんなふうに映像化されているかですね~。
万城目さんの写真も新聞に載っていたのでどこに登場しているのか見つけるのも
楽しみ~。
10月4日、午後9時からです。
録画予約しておかなくちゃ。

ポチッとして頂けると感謝カンゲキ雨嵐

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:
ジャンル:アイドル・芸能
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。